火曜日, 5月 02, 2017

ゴールデンウイークの本栖湖

ゴールデンウィーク知人がキャンプをするのでどうかと誘われた。だが、少し躊躇もする。家族連れで来られているの方も多いので、いくなら家族で参加したいが、2歳児を連れて行くには少し厳しい環境だと思えたからだ。

この時期の本栖湖は結構風は入るが水がとても冷たい。日中の気温も涼しいを通り過ごし肌寒いということも多い。天気の良い日の昼下がりは、太陽の熱を肌に感じると痛いくらいだが、日が傾くと肌寒さが増してくる。
夜は極寒。焚き火なしでとてもいられない。何も装備がなければ凍え死んでしまうだろう。車かテントの中に入り、十分厚着して極寒仕様の寝袋で寝るしかない。

そんなところにいきなり家族を泊まらせるのもなんなので、今回は1泊目はヴィラ本栖というホテルをとった。

建物はレンガ風の風合いのあるホテルだ。鉄筋コンクリート造で、中の環境も外部の天気に左右されず、心地よい環境だ。ロビーに入り、ラウンジにぬけると、樹海の緑が窓面に広がり、美しい。桜もまだ咲いていて、それが美しさを引き立てている。



本栖湖キャンプ場やウインドサーフィンのゲレンデ「ドラゴンビーチ」とは、歩いて行ける距離。
ウインドサーフィンも楽しみたいし、家族サービスをしたいという人にとっては、まさにうってつけかもしれない。

泊まった部屋は10畳間。4帖の縁と、洗面とトイレとクローゼットがついている。
食事は和食を頼んだが、レストランでの懐石風料理だった。一品ずつ味わいながら、そして彩りを楽しみながらの食卓だ。美しく美味しい。

ホテルの環境も食も上品にまとめられている。ゆっくりとした休日を過ごしたい、美しい樹海の緑を心行くまで楽しみたい、なにかに専念してその傍らで静けさと美しさで心をいやしたい、そんな時には思い出したいホテルだ。

仲間内でどんちゃん騒ぎして盛り上がりたい人には向かないと思う。


初日のコンディションは、ブローを捉えて走ったが、大型セイルでないとその場面はかなり限られたのではないかと思う。出たのが夕方からだったので、走っている人が少なく、ブローの入りも悪くなったかなと思えたので積極的にもなれず、風にのってプレーニングしたところで切り上げた。

翌日は知人のパーティがキャンプを設営するという話だったので、とりあえず遊びに行く。家族連れも含めて10世帯近くはいたと思うので20人くらいにはなったのではないか。

子供たちはすぐお互いに興味を持ち合い、遊び始める。子供がいきいきとし、自分の中にすでに確立していたわが子象とは異なった、新しい側面に出会えたりする。

子供が楽しげに遊んでいるのを見て、キャンプ泊に挑戦してみることとした。
テントの設営などして、知人たちの輪に入る。

話を聞いてみると昨晩乗り込んだ人も多かったのだが、東京を10時くらいにでてすぐに高速の渋滞に巻き込まれたそうだ。3時間以上かかったらしい。確かに、渋滞予測でもその時間帯から混むような予報は出ていた。
一方、4時半に出て高井戸インターから乗り入れた人も、8時過ぎに到着したという。

確かに、2日にはスカスカだったキャンプ場も3日は大勢でテントの設営地を探すにも苦労するほどにぎわっていた。ここのところこのキャンプ場の人気がウィンドサーファーだけでなく一般の方にも高まってきているとのことだ。

お酒は子供が寝るまでは飲まない。何か起こった時に、車で運ぶなどの対応が必要になるから。

遊び疲れて夕方少し昼寝したので、夜も寝ようとしない。すっかり興奮している。
そこで、温泉に行くことにする。だいぶ寒くなってきた。
温まって、キャンプ場へかえる車の中で寝てくれれば・・と思ったわけだ。
ゆらりという温泉に行ったのだが、近くにコンビニもある。温まって、ヨーグルトを買って食べさせ、自分たちようにビールを仕入れて、キャンプ場へ帰る。やっと寝てくれた。

ウィンドサーフィンはこの日も夕方。風は入っていたのだが、かなりガスティで、曇って気温が低かったので、体が冷えてあまり気がのらない。ウィンドサーフィンしたが、プレーニングで快走したらそこそこで撤収。

翌日はキャンプの撤去やウィンドサーフィンの道具の撤去に結構時間がかかった。原因と今後の対策は以下の通り。
①道具が散在する。ウィンドの道具、車、テントの設営地、飲食、調理場。しまうことを意識して設営し行動すべし。
②洗い物は洗い場までいかなければならず、また込み合うので時間がかかる。持ち帰る場面では干さねば不潔になりがちだが、干すにも時間がかかる。洗剤を使わなければならない調理道具や食器を減らす。洗った食器を干すかごに入れて干す時間を短縮する。使い捨て紙食器の利用や、洗い物は軽く水洗いして袋詰めして持ち帰り家で洗うなど考えられるかもしれない。
③食材はカットして持ち込めば、現地の調理時間は減る。加熱時間長い食材はあらかじめ家で電子レンジで火を通すなどしておくとよさそうだ。
④テントの結露がある。干してからしまうと次回の準備にもなり良い。寝袋も同じ。干す時間が結構かかるので、朝起きたら、一番に、テントと寝袋を乾かす作業に取り組むべし。干すためのロープも重要。
⑤コンテナに入れて持って行っているが、これは割と良いかもしれない。クーラーは食材を運ぶコンテナと考える。乾物、根野菜、調味料は別に考えてほうがいい。
---1.食器・コンロ・調理道具・調味料 コンテナ
---2.肉魚、チーズ、飲み物(酒・牛乳・野菜ジュース)、ヨーグルト ・・・クーラーコンテナ
---3.野菜類、(肉魚) ・・・現地調達が望ましい。
---4.インスタント食品・・・袋にて
---5.着替え・・・宿泊日数+1を小分けに袋詰めできるとわかりやすい。新物のバッグと洗い物用バッグを分けるとよい。
---6.水の貯蔵タンクも結構な大きさなので、コンパクト化できるものなど検討。これも、2Lのペットボトルで麦茶を購入し、手持ちの小さいペットボトルを持って行って小分けしておくと、2Lは空になり、その後現地での水貯留瓶となり、また、小分けしたペットボトルは口づけして飲んでも使い切りやすいので不潔になりにくい。

など、アイデアもある。

帰りは1時半前だったが、4時前には帰り着いた。小仏トンネルを通過する時点では4km程度の渋滞だったので、もう少し早ければ、渋滞レスだったかもしれない。だが、逆方向の車線は芝桜を見に行く方の渋滞が激しくて驚かされた。









日曜日, 4月 30, 2017

海の公園 潮干狩り

今日は海の公園に潮干狩り。
2歳児の海初体験に、あさり狩りもあわせてみた。

昨日今日で大潮。
1時半くらいの干潮時間だったが、途中IKEAに寄ったら思った以上に時間がかかり着いたのが3時。
大潮の日は必ず発生する駐車場渋滞もすでに引けて、スムーズに駐車場利用できた。
海に出てみると、まだまだ大丈夫そうな道具合だったので、海へ。

でも、あさりはなかなかほれない。すっかりとりつくされたのだろう。
特に大潮のときは一面人で海岸がうずめつくされるほどの混みようだ。
持ち帰り禁止の2cm以下のが20-30個取れたが、2歳児には十分楽しめたようだ。

もちろん、とった貝は海に戻して、一時間くらい海辺で楽しんだ。

あまり人が多い中だと、よちよち歩きの2歳児にとっては、困難も多く、駐車場渋滞の中で車の中の時間が長くなるのも、ストレスをためる原因になるので、まあ、きょうくらいの遊びでちょうどよかったような気もしている。

夕方ちょっと風が入ってウィンドサーフィンしている人たちの中にも走っている人がいたが、ブローをとらえてという感じだった。

今日は家族サービスと割り切って帰路についた。

日曜日, 10月 09, 2016

クラウド: GOOGLE ドライブで文字化けやダウンロードができないなどのトラブル、WINDOWS7とJWW画面のリフレッシュ

クラウドができて、どこでもデータをいじれるのは便利。
でも、ひとつ困った現象が起こる。
それは文字化け。

原因と対応策を備忘録として記載しておく。

①文字コード UTF-8 で保存。(ウィンドウズはSHIFT-JISなので文字化けする。)
http://news.livedoor.com/article/detail/9218446/

②google ドライブからダウンロードすると、ZIPで圧縮されるが、これに日本語が対応していないため。7-zipという圧縮・解凍ソフトを使うか、firefoxでアドオンを使うかということで解決するらしい。
http://yourdaemon.blogspot.jp/2014/02/google-drivezip.html

③ファイルをダウンロードしようとすると「失敗 - アクセスできません」とのメッセージ。マルチアカウントに対応しているのだが、一つのブラウザでマルチアカウントで利用しているとメインのユーザーでしかうまくいかないとのこと。
http://blog1.310s.net/2016/03/google.html


④ウィンドウズ7でJWWの画面がリフレッシュしっぱなし。
コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\パフォーマンスの情報とツール にて視覚効果の調整をパフォーマンス優先にすれば、改善

木曜日, 9月 01, 2016

海の公園 花火大会

今年も海の公園花火大会へ。

台風の影響で日中小雨模様。
でも花火大会の間はなんとか持ちこたえてくれました。

今日は一歳10ヶ月になる子供とかみさんとで緩衝。

楽しめました。

始めてみた花火もあった。進化してるんだねえ、花火も。

夏の締めくくりにふさわしい時期に開催されるので、どこか味わい深いです。

金曜日, 8月 12, 2016

本栖湖で家族キャンプ 1歳9か月の子供とともに

子供ができてから、なかなかウインドサーフィンできない。

理由をあげてみよう。

①病気がちだ。熱を出したり、下痢したり、嘔吐したり・・・。生後数か月すると母親の免疫システムが消え、病気に対する抵抗力がなくなる。特に保育園に通うと、同様に免疫力の弱い子供たちの間で何らかの病気が流行することもあり感染する。時に親も免疫を持たないような風邪をもらって、家族全員でダウンする。病院は欠かせない。うちはアトピー性皮膚炎を発症しているので、病院通いをしているが、皮膚のケアも欠かせない。そんなこんなで、何か旅行でもしようかと思っても病気でいけなくなることもあり、やがてそれがトラウマとなって旅行の企画を立てようという気すらおこらなくなる。

②突発的な行動が心配だ。転んだくらいならまだしも、車・自転車などにぶつかるのではないか、遊具や階段など興味を持ってチャレンジするが落ちるのではないか、石ころをのみこまないかなど、心配の種は尽きない。つまり、ずっとみてあげなくてはならない。

③規則正しい生活を管理してあげないといけない。朝起きて朝食→活動→おやつ→活動→昼食→昼寝→おやつ→活動→夕飯→活動→就寝のサイクルを管理しないといけない。食べるものにも活動にも好みと気分がある。人としての常識がまったくないので、すべての行動は彼にとって実験である。食事の時お箸やスプーンも満足に使えず、親が介助しながら食べさせてあげるか、手づかみで食べることも多い。続いて実験が始まる。食卓のものを落としてみて、どういう現象が起こるのかを確認したり、自分が起こした行動に対する周りの反応を見て喜んだりするわけだ。食事がなかなか終わらない、終わったら、食べ物だらけの顔と手と服は洗ってあげなければならないし、床は拭き掃除だ。そして、不定期に1日数回の大便や小便の世話。まさに日々戦争だ。そしてうまく寝付けないからだっこや添い寝をする。規則正しい生活をさせるのに結構神経を使うこれに失敗すると、昼夜逆転し夜眠らせてもらえないから仕事もおぼつかなくなり生活基盤が危うくなる。
と、こんなことを新米母親一人にやらせることは、実に大変なことだと理解できる。実家が頼れれば負担を軽減できようが、そうでもない場合は、だんながある程度サポートしなければいけないと思う。

こんな課題を日々抱えながら、それをほっといてウィンドサーフィンできるようなことはまずない。予定を立ててある程度体制を組めれればいいのだが、風が吹くかどうかは当日にならないと確定しないから予定がたてられない。ゲレンデ近くに住んでいればまだ望みはあるが、1-2時間かけて車で行くような環境だと絶望的だ。

と、ここで、本栖湖キャンプに挑むことにした。
割とうまくやれた部分もあるので記録。
キャンプは子供の教育に良いと思う母親の理解と、母親自身もアウトドアやキャンプへのたしなみがある程度ないといけない。子供を持つ前から、かみさん教育をしておくことは望ましい。
かみさんは3回ほど本栖湖でのキャンプは体験している。また、子供も0歳でデイキャンプはやってみた。今回は本栖湖キャンプ場で一泊にチャレンジした。

お盆の大渋滞時期で、前の日仕事だったのだが、連日遅かったので、あまり無理なこともしたくなかった。家族を連れて車で事故・・・なんてのも避けたかったので。
11日から休みだったのだが、早朝4:00に出れれば渋滞にかからないで済むのだが、前日が12:00過ぎまで準備にかかったので、断念。帰ったのが21:00くらいでそれから下準備は以下の通り。
①車のルーフキャリアに、ボード、セイル、マスト、ブームの積み込み。
②車の荷台に、テント、ターフ、紐(洗濯紐やナイロンテープなど)、椅子、コンロ、鍋釜・皿・コップ箸・スプーン・フォー等、手吹き、ティッシュ、ウィンドサーフィン用小物(ライフジャケット、ハーネス、ジョイント、エクステンションパイプ,スキニーマストとブームのアダプター、ブーツ、ドライバ、日焼け止め、ウェット、海水パンツ、タオル、着替え)、寝具(マット、寝袋)、着替え、おふろセット、歯磨きセット、ランプ・懐中電灯、テントの底に敷くアルミ断熱マットの積み込み、食器乾燥用ネット。
③食事の仕込み(現地では、煮炊きするだけの工程に絞り込む) トマトソース(トマト缶・玉ねぎとひき肉・・・パスタ、カレールーを入れればカレーライスにも対応)、煮野菜(大根・にんじん・キャベツ煮たもの・・・味噌を入れて味噌汁に)、パスタ、炊いたご飯、子供用レトルト食品、パン、チーズ、納豆、アルミホイル、ビニル袋(大小)、ラップ、ごみ用ビニル袋、塩・こしょう、油、洗剤・スポンジ・たわし、ふきん、キッチンペーパー、さいばし、トング、網、インスタント食品(ラーメン・ご飯))、おやつ、そうめん、めんつゆ、キャベツ、コンロ用ガス
④クーラーに冷やした飲み物(ノンアルコールビール、子供用の飲みもの、保冷剤)、
⑤スマホ、車からの充電設備
⑥けがや病気への対応(消毒液、ガーゼ、テープ、包帯、軟膏、バンドエード、
⑦小道具(ドライバ、ウィンドサーフィンが破けた時に張るシート、はさみ、ボードを割った時のパテ等、)
⑧ウォーターボックス
⑨雨用対策(カッパ、傘、ブルーシート、着替え)、現地に行ってからも石で小台をつくって水キレよいところを作っておくと、にもつを置いて上からブルーシートをかけておけば後の対応は楽になる。
⑩無いほうが望ましいが必要と考える人はアルコール。ただし、万が一の時に自分が運転できないリスクを考慮すると、飲まずに、お守りとして用意する程度。

結局、11日は朝ゆっくり寝て、渋滞が終息しそうな時間に出ることにした。永福インターから高速に入り、その後中央自動車道を利用して河口湖で降りて、本栖湖へ。12時半発。ちょうど子供の昼寝の時間で、ベビーチェアで寝心地もあまりよくないだろうから、3時間ほど寝ると踏んだ。交通予測では3時間で到着予定だったので、15時半頃到着予定だったが、以下の点で結局16時半到着。
①給油
②忘れ物を途中の店で調達(ホームセンターで椅子1脚、スーパーでおやつと焼酎、野菜屋さんでももとぶどう)
子供も15時半くらいには目覚めて、1時間ほどは起きて車に揺られた。
15時までにつけばウィンドサーフィン使用と考えたが、16時半だったので、断念。まずはテントのセッティング。おだやかな夜になりそうだったので、ターフは張らなかった。水場から水を汲んでセット。電池と包丁を忘れていたので管理事務所やその近くの売店で調達。テント前にシートを敷いて食卓をセットして食事の準備~食事~かたづけ。それで20時くらいにはなる。
鳴沢のゆらりへ車で行って、お風呂に入った。帰ったのは10時半くらい。雨も少し降ったが、大したことはなく、無事一晩を過ごせた。
朝7時すぎに起きて、食事。そのあと、食器を洗って、寝袋を干して片づけなどして、子供を
本栖湖での注意事項
①湖にライフジャケットなしで入らない
②樹海の中で場所を覚えにくいので、確実にたどり着けるルートや迷った時に立ち戻る位置を設定しておくこと。(たとえば、広い駐車場から、どの木と小道を目印に曲がる…など)特に夜は行と帰りの風景がまるで異なって見えるので注意。
③拠点から離れるときは、スマホ、ライト、小銭、ティッシュは必携。天気が怪しそうなら雨具。
④夜は気温が低い、水は低温、天気が変わりやすいなど、体が冷えやすい場面は多いので、寝具・着替えは多目が良いと思う。
⑤水に入る場合、夏以外の季節の場合、夏でも冷たい雨に濡れた場合は、低体温症に注意。低体温症になると体が思うように動かなくなり、助けも求められない。特に水中では沈むしかない。
⑥洗い物は洗い場で
⑦ごみはごみ置き場へ
⑧着いたら管理事務所で利用手続き、遅くついたら翌日になるが、初めての人は必ず利用前に説明を受けたほうがいい。水場やトイレ、ごみ捨て場の確認も重要。
⑨忘れ物があったら、管理事務所やその近くの売店で手に入るものもある。まきや電池、鍋釜、ビールもここで手に入る。

どんぶり、ロープ、S字フック(数個)、留め具付テープ、スプーン、テーブル、コンロ2連+台、ブルーシートもう2枚(1坪)、レジャーシートもう2枚、乾電池予備(単1*3本、単三*1本、単四*3本)、
余力があれば、ダッチオーブン、炭、鍋釜は取っ手の取れるタイプ